スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気をつけて 神さまはみてる

漫画からアニメになり、映画にもなったデスノート

松山ケンイチ君のおもしろさは秀逸
おもしろさというかヘンさというか(´∀`)
デスノートまではほぼ無名の俳優さんでしたがこれでブレイクしましたよね
作者のお2人もLは松山さんと公認してますし

こちら、アニメです
身動きのできない夜神月に代わってミサが裁きをしていきます

だってライトはサミサの全てだから。

ライトがミサの神だから。

だから、人を殺すことも厭わないの

ライトが殺せというのならミサはやるのです
だってライトに必要とされていたいから
ライトのためなら命だって捧げるの

ミサはライトが死んだと知ると自殺をして自分で命を終りにするのですが
寿命は既に4分の一しか残っていないのだから、どのみち短い余生(余生だったんだと思う)
だったんですよねぇ

最終話でビルの外、そのまま1歩踏み出せば真っ逆さまな最上階に佇み、夕焼けに照らされているミサからは空虚さはあっても後悔はないように思えるのですが、どうなのでしょうか

ミサに後悔は似合わないので、最後まで大好きなライトただ1人だけしかみていなかったのかもしれませんね



スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。