ホイップ日記

穏やかに心のままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ハーロックとは

調べてみたら興味深いことが沢山あったので載せます
そうだったのか~

ハーロック wiki

ハーロックは、松本零士原作の漫画、アニメ作品などに登場する架空の人物。本項ではキャプテンハーロックとして知られる宇宙海賊のハーロックを中心に解説する。

概説

松本の漫画世界において、メーテルと双璧をなす重要な人気キャラクター。
松本作品において眼帯と頬に傷がある姿で登場することが多く、単にハーロックという場合、大抵は『宇宙海賊キャプテンハーロック』などに宇宙海賊として登場するハーロックをさす。
この宇宙海賊のハーロックは、『銀河鉄道999』などでエメラルダスと共に重要な脇キャラクターとして活躍し、特に『999』劇場版では数々の名言を残している。
また、星野鉄郎や台羽正などの少年キャラクターに対し、彼らの憧れであり人生の師となる大人のキャラクターとして位置づけられている。

『宇宙海賊-』発表以前にも、『ガンフロンティア』『ダイバー0』など、「ハーロック」という名前のキャラクターが登場し、容姿もほぼ同じであるが同一人物というよりは、ハーロックというキャラクターを使ったスター・システムに近いものであった。
『宇宙海賊-』から設定がほぼ固まり、やがて『999』や『わが青春のアルカディア』など同一人物としてのハーロックの物語が松本の他作品とリンクしながら描かれていくようになった。

 誕生の経緯

ハーロックという名前を思いついたのは松本の少年時代であった。
当初は人名ではなく、少年時代に描いた漫画作品『冒険記』の主人公でハーロックの原型的なキャラクター「キャプテン・キングストン」と、その仲間達同士の掛け声が「ハーロック」であった。
その言葉を思いついた当時の少年松本は、嬉しさのあまりずっと「ハーロック、ハーロック」と繰り返していたという。
その後、来日していたハーロックというドイツ人が事故にあった新聞記事を読んで人名であることを知り、自作のキャラクターとして用いるようになった。

キャプテンハーロック

40人の乗組員と共に海賊戦艦アルカディア号を駆り、全宇宙を股にかける宇宙海賊。
親友はアルカディア号設計者である大山トチローとその恋人にして同じく宇宙海賊のエメラルダス。『999』などの作品では、メーテルや鉄郎とも知己である。故郷である地球を含めて如何なる勢力・組織にも属さず、黒地に白のドクロを染め抜いた自由の旗の下に生きる事を信条としている。

性格・人物

超一流の海賊として名を馳せる一方、同じ信念を持つ同志に対しては義を貫く男の中の男であり、『999』劇場版ではエメラルダスと共に若者達の憧れの存在であることがメーテルの弁で語られている。
銃や重力サーベル、戦闘機の操縦などあらゆる戦闘術に長けており、艦長としても一流で仲間達の信頼も厚い。
寡黙でストイックな一方で、宇宙のあらゆる酒を水の如く呑み干す酒豪であるなど豪放な一面もあり、「広大な宇宙を渡り歩くのに必要な事」として、搭乗員にも非戦闘時には怠惰な生活やバカ騒ぎも許す寛容さも持ち合わせている。

『宇宙海賊-』アニメ版におけるミーメの弁によれば「どんな小さな約束でも必ず守る男」であり、アニメ第1話では地球政府によって厳重な警戒網が敷かれているにも関らず、ハーロックはトチローの忘れ形見である少女・まゆの誕生日に地球を訪れている。
義侠心にも厚く、乗組員の台羽が人質にとられたときには敵の罠が仕掛けられていることも省みず、その救出に全力を尽くしている。
『999』劇場版では自分に代わって親友トチローの死を看取って墓を建てた鉄郎を救援すべく、機械帝国の機械化母星メーテルに赴き、自らアルカディア号の舵をとって機械帝国の宇宙戦闘機ガニメデや戦闘衛星との空中戦に及んでいる。

『宇宙海賊-』原作では海底ピラミッド内のマゾーンの遺体を見た際に「信念の赴くままに死にたい」とする旨と語っているほか、台羽に対してはアルカディア号の艦橋へと案内した際に「多分ここで死ぬ」と語り、艦橋を死に場所と決めているようである。
アニメ版においては、「自分自身の死に場所を探している」とする旨をマゾーンのスパイである波野静香に語っており、最終回ラストで、マゾーンとの戦いを終えた後に仲間を船から降ろしてミーメ、トリとともに地球を去るハーロックの最期について監督のりんたろうは「どこかでノタレ死にだろう」、脚本を担当した上原正三は「死に場所を求めての旅立ちではないかと思う」といった趣旨の発言をしている。

容姿、服装など

背は高く、ハンサム系の容姿で描かれているが隻眼で黒い眼帯をしており、頬には縫い痕も露わな古い傷痕がある。
アニメ映画『わが青春のアルカディア』および『無限軌道SSX』では口1つ分だけ口の位置が上になり、顎も太めに描かれたことで『宇宙海賊-』や『999』劇場版よりも男らしさを強調した容姿になった。

黒地に白抜きのドクロが大きく描かれた戦闘服と黒いマントを着用し、マントの裏地は赤。
ズボンは『宇宙海賊-』では水色だが、『999』劇場版などの作品では上半身と同様に黒となっており、ブーツと併せて黒で統一されている。
腰にはドクロのバックルがついたホルスター付きのベルトを2本巻いており、右足側にはトチロー手製のハンドガン、左足側に重力サーベルを吊るしている。

『わが青春のアルカディア』では、恋人マーヤを庇い、右目を撃ち抜かれて失明した事になったと語られたが、この作品と『コスモウォーリァー零』、『宇宙交響詩メーテル』などでは、両目が健在であるハーロックが描かれている。

以降いろいろはwikiにてどうぞ

ハーロック ウィキペディア



もしよかったらポチっと★
スポンサーサイト

別窓 | Harlock999 | コメント:0
∧top | under∨
<<たしかなこと 小田和正 | ホイップ日記 | エコクロックが完成してた>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ホイップ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。