ホイップ日記

穏やかに心のままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

明日帰ってきます

4ヶ月の間、入院していた父が明日帰ってきます。

目出度し。

だけど、どうもよくない。
寝たきりの期間と、リハビリ病院での期間、部屋では白い天井ばかり眺めていた入院生活だったので
しょうがないんでしょうね。

部屋の中では動けますが、目を離せない状態だそうです。
外出はもちろん不可です。

シモの粗相、始末?私、できませんよ。
こう言うとひょっとしたら怒る人もいるかもしれませんが、私はできません。
あなた、できます?大人の排泄物の処理を。

普通の人は、できないと思う。
だから看護にはプロの手が必要なんです。

看護師さんたち、頭が下がります。
老人をお風呂に入れ、シモの粗相の始末もしてくださる。
本当に、、なんて有難く。。

介護関係は、介護認定に応じて補助金が出ますが
自費の部分も大きいんですね。
お金がかかります。
情だけでは、立ちゆきません。

西原理恵子さんの本に「介護はプロがやること。家族は働いてお金をためておくこと」
とありましたが、全くその通りだと思う。
お金が家族を救うんですよね。
お金がなかったら、家族も本人も共倒れです。
辛い現実ですね。

介護離職とか、介護疲れで自殺や殺人など新聞の紙面に載りますが
本当に、苦しいことだと思います。

日本は「ゆりかごから墓場まで」ではないので自分の老後(長く生きたら、ですが)は
不安しかないです。
独身で子供もいない人達も多いと思いますが、想像すると、長く生きたくないなって。

何をするにも、保証人が要るんです。
そして、何をするにもお金がいります。

保証人になる子供がいない我が身を思うと、早めに天へ戻りたいなと思う始末。
だって、長く生きても悲惨な未来しか想像できませんから。

今回の父の入院で感じたことは
入院患者には、守ってくれる家族が絶対に必要だということ。
家族が言わないと、寝たきりの本人は放置されてました、入院した市民病院では。
家族が気がついて、看護師さんに言わないと、本当に放置ですよ。
扱いも雑で、非人間的な扱いでした。
丁寧にとは言いませんが、失礼なことや不愉快なことが多かったです。

そんな中でも、優しい心遣いをしてくださる看護師さん達もいまして
その方達に随分、感謝しました。
心のある看護師さんは、家族の不安を軽くしてくださいます。
病院という場所に絶望せずにすみました。

父、帰ってきますが
数ヶ月はデイケアと、デイサービスに通います。
スタッフさんやケアマネージャーさん達に支えてもらいながら
また、新しい生活が始まります。

なるべく、しなくてもいい苦労はせず、人や組織の手を借ります。
スポンサーサイト

別窓 | 日記 | コメント:0
∧top | under∨
<<親父殿、帰宅 | ホイップ日記 | パワーハラスメントの嵐>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ホイップ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。