1人でご飯

思えば、育つ過程で人とご飯を食べてきませんでした。

家でもです。
記憶がありません。
いつからこうなったんだろう。
本当に、覚えていません。

他人とどう付き合っていいのかもわかりませんでした。
当然、他人と一緒にご飯を食べられません。
とにかく他人が煩く煩わしい。

高校は寮生活で、食堂で自由に食べるのですが
他人とご飯をするのが嫌で、食堂でのご飯も食べられませんでした。
たぶん、部屋で食べていたんだと思います、何かを。

そして現在アラフォー。
1人のご飯は続いています。
会社が近いので、お昼は家です。

朝昼晩と3食、1人でお部屋で食べるのです。
気楽、助かった~、と思うことはあっても寂しいと思うことは稀。
テレビとネットがお友達です。

でも、1週間寝込んで、家にずっといて、家の人(嫌いなんです)と少し話してみようと思いました。

その、家の人というのも無口を通り越して話しかけても返事もしない嫌な人です(父親ですが)
そもそも遊び歩いていた人なので、家族の思い出もありません。
もちろん子育てにも関わっていなく、亡き母まかせでした。

育った家庭が悪かった。

母だけには感謝していますが、どうにこうにも欠けている。

ご飯を通じて、色々考え始めました。
基本を欠いた生き方をしてきた私ですが、どうやらそれが苦しくなってきたみたい、やっと。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィ~ル

ななこ

Author:ななこ
穏やかに平和に。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言
旬のお花
最新記事
人生が輝きだす名言集

presented by 地球の名言

地球の名言集

presented by 地球の名言

夢を叶えるための名言集

presented by 地球の名言

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブックマーク
戦国系同人のあり方について考える