記事一覧

必要な会話のこと

日中、暑かったですね。

会社で、仕事のあれこれを質問されました。
その説明に15分~20分ほど。

私が説明をする側なので、沢山話しました。

必要なことを、質問に沿って説明をすること。
相手にわかってもらうこと。
これって、とても疲れる。

仕事が工場内でなので、工事現場と同じ大きな音が鳴っている中で、話す。

そして普段あまり話さないので、例えば雑談などでただ話すというだけでも、とても消耗するんです。

それが、こちらが7割は話すという状況。

会社から帰って時間も経ちましたが、まだ耳の底に自分の話す声が響いています。
心臓がどきどきと、早く打ってるよー。

自分の話したこと、声が、耳や頭にビンビンと響いてる。

私、静かが好きなんです。

いまの仕事は、騒音というか爆音の中で8時間動かずの仕事です。

音に、過敏になっているんです。

職業病です。

必要なことだったけれど、しかし、慣れないことをして疲れたなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント