ホイップ日記

穏やかに心のままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

なまくら流ずぼら派

ぼんやりと
たけしの家庭の医学スペシャルをつけていたら
カボチャ料理で若い女性の乳がんを、閉経した女性の子宮がんを予防しましょう!というのをやっていました。

カボチャの栄養素であるベータカロテンをおいしく摂取できるようにということで、料理家の奥園さんという方がカボチャのほうとう鍋と、カボチャのグラタン、カボチャの蒸しパンの作り方を。

奥園さん「なまくら流ずぼら派」だということで
干しシイタケも出汁コンブも水で戻さずそのまま鍋へ。
ほうとう麺の発酵もお湯で粉を練ることで手間と時間の短縮を。
他にも日常で使えるカンタン技が入っていてまさに私にピッタリ☆
こういう料理を待っていた!

干物って水に戻さなくってもいいんですね~~。
なーんだ。カンタンじゃ~ん。
ほうとうの麺って発酵させるんですね。
というか小麦粉って発酵するんだ!イースト菌とかいらないんだ!

早速お鍋の材料をそろえて昨日作りました。

カンタンでおいしいカボチャたっぷり野菜たっぷり鍋が出来ました

わたし、なまくら流ずぼら派でいきます!

いや~、干物ね、これほんと知れてラッキーだったわぁ~。

【カボチャのほうとう鍋】
昆布 干しシイタケ カボチャ 人参 大根 油揚げ 豚肉 長ネギ 鰹節 小麦粉

鍋に昆布、干しシイタケをハサミでカットして入れる。
根菜類を細かめにカットして入れる(時間と光熱費短縮)
豚肉、油揚げも入れる。
火にかける。
小麦粉を熱湯で練ってしばらく寝かす。
鍋の材料がいいかんじになったら小麦粉練りをちぎって加える。
火が通ったら長ネギと鰹節をバサッと入れる。

でーきあがり

わたしはほうとう鍋にせずただの鍋にしました。
小麦粉のね、練って入れるの、それ省きました。
滅多に食べない昆布を食べれたからか、細胞がうるうるとうるおいました。
肌が見る間に内側からしっとりしました・・・。



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

別窓 | 食べ物 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<365歩のマーチのリズムで | ホイップ日記 | 大須の大道町人祭>>

この記事のコメント

だご汁は熊本のほうとうだね!
愛知でも同じ料理があってね、お母さんにつくってもらったなぁ。
鍋の名前忘れちゃったけど、今度つくってみようかな。

昨日はベータカロテンを人参でとりました。
油で炒めました。
2009-10-21 Wed 19:16 | URL | ななこ #- [内容変更]
根菜たっぷりの鍋かぁ~~それいいね♪
わりと熊本は「だご汁」っていって、
根菜と、それこそ小麦粉錬ってちぎったヤツ入れる汁が
有名なんよ。
自分じゃ作んないけど…今度作ろうかなぁ。
2009-10-20 Tue 16:20 | URL | りく #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ホイップ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。