ホイップ日記

穏やかに心のままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

今朝みた夢。

黄緑色のシャツを着た人の夢でした。
シャツだけが鮮明で、人物はまるでダンボール板のようでした。

①緑が印象的な夢は、あなたのココロが穏やかで安定しているしるしです。
また、物事がよい方向に動き出すことを暗示します。


②Tシャツの夢
飾らずありのままの自分でいたいという気持を示します。何からも縛られることなく気ままな生活を望んでいるのかもしれません。自分らしくいたいという気持なのでしょう。

③色
あなたのココロの中の状態を示します。さまざまな色が出てくる夢は、色んな気持が複雑にあるのでしょう。よいイメージがもてた夢なら、晴れやかな気持で生活を送れるでしょう。

よかった。幸先いいです。



スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0
∧top | under∨

はじまった。

せっせと玄関の拭き掃除にいそしんでいます。

風水掃除のきっかけになった人物が、自爆しました。
決定的な自爆をしたので、事実をありのまま報告いたしました。
タイミングの後押しもあって、現状を放置できない共通意識を周りにもっていただけたと思います。

会社は守ってくれない。
そのことは忘れず、今後の物事の動きを見定めます。

別窓 | 日記 | コメント:0
∧top | under∨

目からの情報って重要ですね

目で見るものって、なるべくキレイなものがいいです。
醜いものって、見てしまうとしばらく残りますね。

昨日は、人の醜い表情をみてしまいました。

表情って、内面が出ますね。
いやな人なので、内面そのままのいやな表情をするのですが
そういう人が職場にいるのって、公害。

恐がらず、怒らずを意識して
同じレベルに引きずり落されないようにしなきゃ、です。

別窓 | 日記 | コメント:0
∧top | under∨

怒りは怒りを、恐怖は恐怖をよぶので。

怒らなくていいって幸せ~♪
恐がらなくていいって幸せ~♪

怒りって強烈な感情で、止まらなくなってくるんですよ。
心の中でですが。
恐怖も強烈な感情で、これも止まらなくなってきます。
どんどん恐怖心が増していくんです。

だから私、怒りの沸点を100度ぐらいにしました。
つまり、心の中で怒らないと決めました。
そして恐怖もキリがなく増大していくので
恐がらないと決めました。

怒らない。
恐がらない。

まだ1日めですが、心の習慣にしていきます。

そして今まで自分の耳が、心がうけてきた嫌な言葉や
自分自身が心の中で叫んだ悪い言葉を
何年もかけて、じっくりと溶かしていきます。
これは、今後の人生をかけてやっていきます。

忘れてしまうときも多いと思います。
でも、忘れてもまた思い出して、心の中の悪い言葉を
じっくりじんわりと、溶かしたいです。

価値のある挑戦だと思っています。

別窓 | 日記 | コメント:0
∧top | under∨

ご逝去されたタイのプミポン国王からシリントン王女への手紙

娘へ

この世界では、全てのものは常に対をなしている。
闇と光
善と悪
好きな方を選べと言われたら、誰もが明るい方を、良い方を選ぶだろう。
しかし、その願いを叶えるには、明るい方、良い方に向かうには、人を愛することが必要だ。

人を愛することで、あらゆる問題は解決できる。
この世界は幸福で満たされ、平和になり、愛で溢れるようになる。

お前(娘)に伝えておきたい。

1. 周りの人をみんな友人と思いなさい。共に生を受け、共に歳を重ね、共に傷みを分かち合い、共に天に召される。過去も、現在も、未来も、いつのときも、全てを分かち合う友人だと思いなさい。

2. 世界の良いところを見るようにしなさい。そうすれば世界はより良いものになる。そして、現実をきちんと見るように。
そうすることで、問題のあるべき解決策が導き出される。

3. 自分の足でしっかり立ちなさい。すでに満たされているという基盤を自分の中に持つこと。
今あるもの、今得られているものに満足すること。
それがどうであれそれを受け取ること。
執着することなく、あればいいが、なくてもいい、という考え方を持つこと。
身の丈に合ったものに満足すること。
今持っているものが少なければ、得られるものが少なくても、それで満足すること。

ー 余裕を持つこと。自分に余裕がないと周りに迷惑をかけてしまう。
ーそこそこで満足すること、働いて、その働きに見合ったもので満足するということ。
ー 自分自身に見合った立場でちゃんと生きること。

4. ぶれない心を持ちなさい。
怠惰は罪であり、勤勉さには価値があると知りなさい。嫌なことがあったときは、またいいこともあるし、楽もあれば苦もある、賞賛を浴びることもあれば陰口を叩かれることもある。ついてないときもあれば運に見放されるときもある。それが自然の摂理なのだ、と唱えなさい。
むやみに嘆いたりせずに、「そういうものだ」と思いなさい。

父より
2004年10月6日

別窓 | 日記 | コメント:0
∧top | under∨
| ホイップ日記 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。