ホイップ日記

穏やかに心のままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

必然かもしれなかった話 2

事故以降、生活が一変しました。

@弟、会社に事情を話して毎日、定時帰り。
 毎日病院へ通いました。
 8時の面会時間終了まで向こうにいました。
 「介護ハイ」という言葉があるならば、それです。
 いつもバタバタ、ギラギラしており
 ある日などは「お父さんにマッサージしてあげた!」と、私の掌を力まかせにもみしだきました。
 痛いだけです。
 自己満足なやり方とその笑顔に腹が立ちすぐやめさせました。
 弟の「僕はよくやってる」というニュアンスの発言はその後も度々あり、父の同室のご家族が
 洗濯物を持っていらしたと私に話し、その様子を「冷たかった」と言いました。
 得意気な顔がいやでした。

@私は、家のことをしていました。
 休日には病院へ行きました。

父が事故をする前の我が家は、ばらばらでした。
とても悪い感じでした。
人間としてそれぞれが、おかしな様子になっていました。

ですが、この事故によって変わっていきました。
まともな方へ。

介護の方達や介護施設とも繋がりができ、父が孤立することを防げました。

弟は韓国中国を笑いながら滔々と罵倒することがなくなりました。
現実に目を向け、頭も仕事以外に使えるようになったようです。
自転車の乗り方も、少しは気をつけているようです。
私をばかにすることもなくなったようです。
あの、不愉快な暴走ぶりは、本当に人間が悪くなったな、これはだめだな、という感じだったので
修正されてよかったです。

父は、介護職、介護施設などに守られながら週4日リハビリに通っています。
高齢者用のお弁当の配達もしてもらっています。
家族の知らぬ間に、タクシーで外へ出ているようです。
(本当は1人での外出は、不許可ですが.....)

この流れを考えると
今の段階では、よかったなと思うのです。
事故は不幸でしたが、よかったな、と。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0
∧top | under∨

必然だったかもしれない話

父が退院してしばらく経ちました。

事故直前までの家族の様子を書いてみますね。

@父が過食していた。
 表情がうつろ。
 クッキーを半箱とか、他の部屋にあるものまで取りに来て食べていた。
 昔から返事をしない人間だったけれど、この時期は「聞こえてるの!?」と
 聞き返すと「ふぇ?」という返事の上に表情がおかしく、認知症を少し疑っていた。

@弟は、韓国中国をあしざまに罵っていた。
 そういう本も買ってきて、しかも私に勧めてきた。
 目つきが座ってたことが度々あった。
 私をばかにするような言動があった。
 

事故直後。

@父、身体は動くらしいけれど状況がわかっておらず、そのまま入院し
 結局その後1ヶ月、昼間はほとんど寝ている状態に。
 必要な治療もできず、何をやっても起きず。

@弟は、仕事以外のことは何もできない人間とみなしていましたが
 事故直後も、看護師さんとの受け答えさえ怪しく、イイ年の社会人なのに
 まるで学生のようで、どうしようもなく。

 以前から、自転車の乗り方が乱暴で
 (よくテレビで報道されているような問題のある乗り方です)何度も本人に注意をしていたのですが
 父の事故連絡の後、車で病院に向かう途中に弟の自転車を、轢きそうになりました。
 弟は、そのまま走り去り、心底呆れました。

 まずは、ここまで。
別窓 | 日記 | コメント:0
∧top | under∨

玄関に鏡を向けて置くこと



玄関に向けて、お化粧用の鏡を置いてみました。
でもどうも、人のイヤな面ばかり見てしまうようになって。
数日でやめました。
そんなことしてる自分も、なんだかイヤだったから。
別窓 | 日記 | コメント:0
∧top | under∨

思い出のマーニーをみて北海道に行きたくなりました



素敵な映画でした。
別窓 | 日記 | コメント:0
∧top | under∨

何度も聴きたくなるスーザンボイルさん



何度聴いても素晴らしい。
別窓 | 日記 | コメント:0
∧top | under∨
| ホイップ日記 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。