記事一覧

必然かもしれなかった話 2

事故以降、生活が一変しました。@弟、会社に事情を話して毎日、定時帰り。 毎日病院へ通いました。 8時の面会時間終了まで向こうにいました。 「介護ハイ」という言葉があるならば、それです。 いつもバタバタ、ギラギラしており ある日などは「お父さんにマッサージしてあげた!」と、私の掌を力まかせにもみしだきました。 痛いだけです。 自己満足なやり方とその笑顔に腹が立ちすぐやめさせました。 弟の「僕はよくや...

続きを読む

必然だったかもしれない話

父が退院してしばらく経ちました。事故直前までの家族の様子を書いてみますね。@父が過食していた。 表情がうつろ。 クッキーを半箱とか、他の部屋にあるものまで取りに来て食べていた。 昔から返事をしない人間だったけれど、この時期は「聞こえてるの!?」と 聞き返すと「ふぇ?」という返事の上に表情がおかしく、認知症を少し疑っていた。@弟は、韓国中国をあしざまに罵っていた。 そういう本も買ってきて、しかも私に...

続きを読む

玄関に鏡を向けて置くこと

玄関に向けて、お化粧用の鏡を置いてみました。でもどうも、人のイヤな面ばかり見てしまうようになって。数日でやめました。そんなことしてる自分も、なんだかイヤだったから。...

続きを読む

思い出のマーニーをみて北海道に行きたくなりました

素敵な映画でした。...

続きを読む

何度も聴きたくなるスーザンボイルさん

何度聴いても素晴らしい。...

続きを読む

親父殿、帰宅

4ヶ月の入院から、父が帰宅しました。看護師さん達が大勢で賑やかに元気に見送ってくれました。入院仲間さん達も、賑やかに声をかけて送り出してくれました。タクシーの運転手さんも、人間味がある良い人でした。「帰ってきたら、色々と面倒事があるかも、いやだな心配だな」ばかり考えていたけれど「あれ?そっか、これが普通なのかな」「世間って温かいんだ」と。私は随分と、心の寂しい生活をしているのかなって。でも気を張っ...

続きを読む

明日帰ってきます

4ヶ月の間、入院していた父が明日帰ってきます。目出度し。だけど、どうもよくない。寝たきりの期間と、リハビリ病院での期間、部屋では白い天井ばかり眺めていた入院生活だったのでしょうがないんでしょうね。部屋の中では動けますが、目を離せない状態だそうです。外出はもちろん不可です。シモの粗相、始末?私、できませんよ。こう言うとひょっとしたら怒る人もいるかもしれませんが、私はできません。あなた、できます?大人...

続きを読む