冬の心得

🌸身体を温める食べ物

薬味では、しょうが、ナツメグ、シナモン、八角(スターアニス)、フェンネルシード、唐辛子など

果物や木の実には、栗、クルミ、桃、サクランボなど

魚介などでは、鮭、ウナギ、エビなど

肉類は、羊肉、牛肉、鶏肉など

調味料は、酒、しょうゆ、黒砂糖など

飲み物は、紅茶など
注意)冷たいものはとにかく温めて食べましょう。日光を浴びることも大切です。


🌸寒い冬におすすめの黒糖生姜
1.5Lの水に生姜を1片をスライスして入れます。強火で5分、そしてとろ火で20分。
小さじ1.5~2の黒糖を加えてとろ火で1分で完成です。


🌸潤いを補う食材
調味料では、はちみつ、オリーブオイルなど

穀類・豆類では、あわ、豆腐、もち米、ハトムギ、黒豆など

野菜では、トマト、黒きくらげ、白きくらげ、サトイモ、ユリ根、白菜、山芋など

果物では、梨、リンゴ、柿など

魚介や海藻では、カニ、エビ、牡蠣、昆布など

肉類では、豚肉や卵

調味料では、はちみつ、オリーブオイルなど
注意) 唐辛子など辛味が強いものは発汗を促し陰(潤い)を損傷します。控えるようにしましょう。


🌸まとめ🌸
・寒くなってきたらとにかく防寒保温を。
・早寝遅起きで、寒さから身を護ろう。
・やる気はいったんうちにしまって、穏やかに過ごす。
・発汗をできるだけ避けよう。
・とにかく冬は頑張らない。


冬の養生では、心を穏やかにして、体もゆったりと過ごすことが大切です。
活動も発言も控えめに。防寒保温に気をつけて、過度な運動も控えましょうね。

ブログも選べる時代

noteなど、ブログも選べる時代になってきましたね。
私がFC2を始めた頃は、二次創作をしている方々が拍手機能があるので使っていました。
まだツイッターが無い時代です。

今は働く女性オンリーのブログや子育て中さんオンリーなどもあり
細分化が進みすぎて知らないブログが沢山あります。
それを教えてくれるのがツイッターでもあります。

簡単に再開できるブログがあればお引越しもいいですね。

水晶系の石

貴石を久しぶりに見てきました。
水晶系にはどんなものがあるのかな、と調べたら種類も色も豊富なんですね。
透明だけが水晶じゃない。

8㎜玉がいいなぁ~と思い調べていたら、水晶に加工をほどこした石が気になりました。
〇〇オーラ、と名前の最後に「オーラ」つくものは水晶に手を加えたもののようです。
アクアオーラが有名です。

店頭で見かけたことはありますが、眩しすぎてノータッチでした。
10㎜だと光り過ぎて眩しいですが、8㎜玉はいいかも・・・とお店へ行ってきました。

水晶の8㎜玉は光の集まりが弱く、あまり輝かないのです。
太陽や水の玉を身に着けたように光るのは10㎜玉。
8㎜では小さいのです。
〇〇オーラなら8㎜でも光りそう、太陽や水の玉を再現できそう。

お店にはアメジストオーラという薄く紫がかった玉と、シトリンオーラという薄く黄身がかった色がありました。
うーむむむむ・・・と見比べて、色合いとお値段でシトリンオーラにしました✨

石辞典によると、私にぴったりな効果もあるそうなので無事手元に迎えることができて😊です。
輝きや光の感じも透明水晶より強くて8㎜玉なら〇〇オーラだなー、です。

黄色やオレンジ、赤の石を持っていないのですが
水晶に色が薄くついている水晶系の石、着けていて気分も良いです。

ブレスレット2本を作りましたが石が少し足りず透明水晶を加えました。
同じ水晶ですが、見てわかるほど輝きと色は違いがあります。
お気に入りがまた1つ増えて嬉しいです(^^♪

酷暑もやっと終わりました

命に関わる酷暑もやっと終わりました。
それでもまだ気温30度前後なので残暑です。
朝晩は涼しいかな。

豪雨災害や北海道の地震があり穏やかではないですね。
日本ってこんなに災害大国でしたっけ。

一寸先は闇かもしれない。
毎日を大切にしたいですね。
そして大事な人を大切に、なるべくやさしく。

心、無いですよねその定型文。

見かける一文に、被害者さんへの声かけで加害者のことを
「ある意味かわいそうな人だと思っときましょう」
というのがありますが、そこじゃないでしょう・・・というもやもやした気持ちになります。

一段上に上がればいいんじゃないの、ということでしょうが
怪我をしたなら一大事だし、そう思ったところでどうともならないでしょうに。

私は部外者で、やりとりの文章を読んだだけですが
当事者だったら、なんだこの人と即座に心の距離を置きます。

想像できるということ

瞬時に想像できる能力は大事なんじゃないかなと思う。
仏教でいう「観想」かもしれません。

たくさんのキレイなお花を想像できる。
おいしいお菓子を想像できる。

そしてその想像したものを相手に送れる。

たとえばお仏壇の向こうにいる人達に山と盛ったお供えのお饅頭を。
 お供えは1つのお饅頭だとしても届けるのはたくさんのお饅頭。
 お供えは少ない花だとしても届けるのは野原いちめんに咲いた花を。

想像や念ってすごいものらしいのです。
実体験漫画2冊からですが
不幸な亡くなり方をした人が元気だった姿を思い浮かべて故人に送ると
生前元気だった姿になるし身体の痛みも和らぐんだとか。

生きている人間にそんなすごい力があるのだとしたら
観想する力、想像する力というものはすごいなぁって。

そういう自分でいるために、少しの工夫をするといいのかもしれませんね。
一番効くのはお掃除だと思います。

朝の事件のニュースをみて、そんなことを考えました。

何もかも忘れていく人間という生き物

神さまへ

人間は生きていると何もかも忘れていきますね。
日記には出来事しか書いていません。字数が紙面に収まらないのです。
それでも小さなことでも毎日書くことが大切なんですよね、きっと。
小さなことを疎かにする人間は大きなことはできませんね。
西川きよしさんの「小さなことからコツコツと」は案外に難しいことですね、ついつい、やらない。

強烈な感情をもった出来事は覚えているけれど
それは大抵はイヤだったことです。

しあわせなことは、ふんわりとしているので忘れそうです。
忘れても、かろうじて思い出せるように飛び飛びでも日記、書きますね。

「おんな城主直虎」というドラマをみています。
ある女性の子供時代から死まで描かれています。
人間が育って成長して生き物として強い年齢になり、円熟して老いていく。
そして死ぬ。

でも死んだあとで、広大な実りの大地を山から笑顔で見るんです。




SNSでのばか騒ぎが止まらなかった件

SNSに疲れました。
無軌道に騒いで公共の掲示板(mixi)を個人のライン(しかも結構な長文での応酬)のように
使っている集団に、気をもんでいました。
同じく気をもんでいた人が声をあげて、次に人が続き、私も3人目として
考えを書きました。

ザーーーっと減ったんですよね、毎日パーティしてた人達が。
どうやらその掲示板で何かあったらしいのですが、近寄らないようにしていたので
何があったのかは知りません。

ですが、調整しつつも物凄くお喋りしていた人が、苦情が出た掲示板に
誰かを慰める言葉を書き
そこにお馴染みの大騒ぎ無軌道メンバーが大量にイイネ!をつけていたので
たぶん、3人の苦情が目にとまったのでしょう。

効果はありましたが、これほど効果があると私の言葉だけではないとは思いますが
少々、疲れが・・・。

なにしろ、掲示板で仲良くなって個人的な旅行や遊びに行きました♪なことを
ずらずら~っと平気で書き、またよろしくね、などと言い
他から誰も掲示板に入れないのです。

新しく来た人が何人も疎外感を感じて「新しい人は反応がもらえない」と言葉を残して
去っていきました。

傲慢なママ友グループの居場所のようになっていました。

ザーーーっといなくなった人達は、メッセージで交流しているのか
いよいよ個人的にメアドや電話番号を交換したのか知りませんが
言った私も他の2人も、労力を使い傷を負いました。

ネチケットは大人が学んだほうがいい、私も学び直したいです。

『祝婚歌』  吉野 弘


二人が睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい
立派すぎないほうがいい
立派すぎることは
長持ちしないことだと
気付いているほうがいい
完璧をめざなないほうがいい

完璧なんて不自然なことだと
うそぶいているほうがいい
二人のうちどちらかが ふざけているほうがいい
ずっこけているほうがいい

互いに非難することがあっても
非難できる資格が自分にあったかどうか
あとで 疑わしくなるほうがいい
正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと 気付いているほうがいい

立派でありたいとか 正しくありたいとかいう
無理な緊張には 色目を使わず
ゆったりゆたかに 光を浴びているほうがいい
健康で風にふかれながら 生きているなつかしさに
ふと胸が熱くなる そんな日があってもいい

そして なぜ胸が熱くなるのか
黙っていても 二人にはわかるのであってほしい

口からは良い言葉を、書くのは丁寧語を。

お天道様へ。

私は信念を失っていました。
キレイな心で生きたい、笑顔を忘れない、口からは良い言葉を出したい。

・・・せめて、笑顔だけでも。

長い年数をかけて、歪んでしまいました。

身近に住んでいる、陰口悪口、構ってちゃんを怖くて避けてます。
あの醜さ、あんな醜い年のとりかたをしたくない。

今朝も怖いめにあったので家族にグチをいってたしなめられました。
滅多に反省をしない私ですが、反省をしました。

マイナス感情は電波しやすいです。
私は近所の困った構ってちゃんに恐怖して、それを家族に言うことでうつしてた。
裏の家や隣に、家の中の会話は筒抜けです。
聞かれたり本人に言われたら、何をされるか。
そこを家族は、たしなめたのだと思います。

あぁ嫌だ、長年、醜いものの中で踏ん張ってきたのに
決壊してしまってる。

信念を持っている人、それもスピリチュアル的な人はアスリートです。
この世の中で心を保とう、善くあろうと自制をする芯を持って生きることはアスリートです。

今の私はただのグチばかり言う人です。
いちばん嫌っていた人間になり果てています。

老人介護施設 「いつもやさしく笑顔で」 と七夕の短冊にありました。
いつもにこにこしている、車椅子のおばあちゃんがみえました。
近所の困った構ってちゃんに比べて、なんて美しい生き方だろう。決心だろう。
近所の困った構ってちゃんは、なんて醜いんだろう。

「個人の事情に関係なく」 善くあろうとするのが芯であり生き方の決心です。
笑顔 やさしさ そういう美しい心がけは 本人の決心なのです。

私は、醜いものに引きずられず笑顔とやさしさで生きることを諦めない。



春の不調には工夫を

春って不安定になりますよね。

ということで、すぐに効果のある方法としてお香がおすすめです。
お香を焚くときには窓を開けてくださいね。

あとは眠くなったらたっぷり眠ること。
休みたいなら休むこと。

パディントン2

パディントン2、見てきました。

「礼儀正しくしていれば世界はやさしい」

仔クマのパディントンがおばさんから教わったこと。
これ、社会に出る学生さんも参考になると思う。
私も初めて働いた時は、自分なりにですが気を配っていました。
右も左もわからないので、頼りになるのは笑顔だけ。

今は年齢に開き直ってむしろ武器にしようとしていましたが私も

「丁寧にしていれば世界はやさしい」を心にとめます(*^^*)
にこにこ笑顔でいます。

さっき、早速やさしい世界に触れることができました。
孤独にならないコツは、にこにこ笑顔と開き直らないことかなと
アラフィフは思うのでした。

断捨離はココロに良い

思い立って机の引き出しを整理整頓しました。
紙類は重いですねー、ほとんど捨てました。
気持ちがよいです。

ツイッターの過去ツイートも
かなりの数になっていたので全部削除しました。
最近のものはそのままでよかったのですが、英語の案内なので
・・・・結果、全部消えました!
でもこれでいいのです、その時その瞬間のつぶやきだし
暇つぶしの面が大きいので消えてすっきり。

多くの言葉を交わした時期もありましたが
ほとんどの人達はアカウントごと去っていきました。
楽しい思い出だけ、時々朧気でも思い出せれば良いのです。

思い立ったが吉日。

お金がないのは手足がないのと同じ

「金がないのは頭がないのと同じ」と漫画家の西原理恵子さんが言っていましたが
私は、金がないのは手足がないのと同じ、と思っていました。
意味は西原さんと一緒です。

ずっと会社勤めをしてきたので幸いにお金で深刻な苦労をせずに
ここまで来れました。
ですがこの度、諸々あって退職し傷病手当金をいただくにあたり
審査があると知りました。

懸念事項が1つ。
会社の事務能力がアテにならないのです。
必要な書類を退職後にこちらから電話して、こちらに送っていないことを「会社が」知る始末。
こんなことが数度。
在職中もかなり消耗しましたが、退職してからも消耗し続けました。

やっと、1番の心労が解決しました。
つまり、解決しました。

手続きというのは日付のリミットが決まっていて
場合によっては延滞金が発生するということと、
受け取るものについても、延ばし延ばしにしているとその後の手続き等に
影響する為、会社のうっかり体質は本当に困ります。
多分もう1件ぐらいは不始末が後々出てきそうです。

必要書類を送ってこない旨を公的機関に話したら
電話口の担当者さんが笑って(会社にも力量というものがあってこういうケースは珍しくないのかも)
関係各所へ連絡をとってくださいました。

さて、金がないのは手足がないのと同じの件です。
今回のことで、お金の大切さを知りました。
自分で稼いで毎月お給料が入る生活だと、身に沁みないのです。

やきもきしましたが、良い学びになりました。
安物買いの銭失い、これも直すようにしていきます。

そして健康に気をつけて
健康診断にはお金を惜しまないようにしなければ。

2018年 2月18日(日)

お昼寝しました。

目が覚めて、介護施設でいちばん好きだったのはA施設だったなあと思い
しあわせな気持ちと寂しい気持ちになりました。
A施設のスタッフさん達に会いたい。

沢山イベントをしてくださって、写真も沢山録ってくださいました。
父の写真のほとんどはA施設で撮ってもらったものです。
父が写真ギライだったので、入所以前の写真がほとんどありません。

押入れに押し込んだままだった
父へあげた物(大量です)父の使った物、必要ないものをさっき捨ててきました。
ドサっと積んであった施設で使ったオムツカバーや
ほとんど使わなかった羽毛の掛布団も捨てました。

父が「これいいな~」と喜んでいた、思い出のある品物は残しました。

かなしいです。

A施設での七夕の飾り。
忘れてしまった自分がかなしい。いい言葉だったのに。
名前が書いてあったと思う、女性です。

「やさしく笑顔で」という内容だったような・・・。
おばあちゃん、今もお元気にしてらっしゃるだろうか。
老衰の人の行く道は父で知ってる。
少しづつ弱っていって、入院と施設へ戻ると繰り返して
最期は病院で亡くなる。
介護施設では亡くならない、搬送されるから。

全ての魂が救われますように。
そう願うことが私の救いでもあります。

プロフィ~ル

ななこ

Author:ななこ
穏やかに平和に。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言
最新記事
ブックマーク
戦国系同人のあり方について考える